好き、嫌いは否めない

忘れそうなことや、思い出したことや。忘備録です。

甘酸っぱい話なぞ、忘れた

今週のお題「恋バナ」

そんな甘酸っぱい話なぞ、とうに忘れたわ。

 

無理やり、そうだな、えっと…

うーむ、思い出したら腹が立ってきたわ。


結局の所、うまくいかなかった話ばかりになるよな。付き合った数だけ別れてもいるわけだし。


ダンスが話題になった『逃げ恥』も、何だかむず痒くてね。どうにも、好きだ、嫌いだとか、この歳になると、どうでもよくなるんだよね。ラブソングとか、くだらねーなって。


すさんでるわけじゃなくって、違うステージに進んでしまっただけだ。人間愛とか、ん?違うか?


どうせなら『逃げ恥』よりも、『昼顔』や『黒い十人の女』、『不機嫌な果実』のゲスいやつが面白いわな。





原因と、結果

今起こっている事が、よい事であれ、よくない事であれ、その『原因と、結果』がある。


多くの場合は、よりよい結果へと導く為に、その原因を精査し、再び計画をすればいい。


しかし、原因に至る過程がどうであれ、結果だけ分かればいい時がある。それを知るのは、再び計画をしなくていい時だ。



さぁ、冬休みが終わるよ。https://www.instagram.com/p/BOCQCoIgj1g/


絶妙な、バランス

インテル長友の『体幹トレーニング』の本を二冊持っていますが、今度はヨガも出すんだって。買わないけど。(必要な物は、最初の本に全て載っていると思われます、の法則)

 

ちょっと思い出したんですが…

 

歩く時、意識せずとも、両手両足は出るべき順番で、出る。…はずですよね。

 

だけど『うまく歩く』事を意識した時に、右手と右足が同じに出てしまう、という経験が皆さんにも経験あるのではないでしょうか?

 

ワタクシは小学生の頃、足が早い事が取り柄でした。しかし、一学年下にもっと早い子がいる、そんな話を先生から聞いて、ある日の放課後、その子と校庭一周の対決をしたんですね。スタートこそ同じ位の速さだったんですが、後半に行くにつれ徐々に遅れをとり、その子の背中について行く事がやっとになって途中から走るのをやめてしまったんです。完敗でした。

 

それから『早く走る』事が上手く出来なくなったんですね。呼吸やら、着地やら、何から何まで、わからなくなった。イップスの様な感じでしょうか。

 

色々な事が、絶妙なバランスで成り立っているのかな。そんな事を考えてしまう、ワタクシ自身がイップスという話。https://www.instagram.com/p/BO9TvrvlMmG/

 

血は鉄の味がする

明けましておめでとうございます。

皆さま、どんなお正月をお過ごしでしょうか・・・って、もう遅いね。

 

ワタクシは、どうにもこうにも体調が優れず、ブログも文章がまとまらず、更新もままならず・・・。ダウンタウンの『笑ってはいけない~』などのテレビ番組を見てても、まったく話が入ってこないという、残念な感じの年末年始でした。

 

ダウンタウン松本は「お笑い芸人は妖精。はなから笑う気のない人には見えないのだ」というツイートが話題になりました。妖精かどうかは別にして、まさに、そうなんだよな。気の持ちよう。「笑う門には福来る」ともいうし、そんな事はわかってはいるのだけれど、どうにも体が弱ると気持ちも弱くなってしまう。まぁ、今はそういう時期なんだろう。いい時も、よくない時も、そういうシーズンなんだろう。

 

 

「大丈夫、僕はここで平気なんだ。僕はここにいたいんだ。息も殺して、静かに。ロボットみたいに。だから放っておいて。」

 

「ちがうぞ、スマイル。血は鉄の味がする。お前の身体には熱い血が流れている。さぁ、ピンチの時には3回唱えろ。ヒーロー見参、ヒーロー見参、ヒーロー見参。そうすりゃ、おいらがやってくる。」(ワタクシの好きな松本大洋のピンポンより、一部抜粋)

 

このままじゃ、終われないしさ。

今は、これからの作戦を練る、そういう時間だよ。

 

 

初詣は5日になってから行きました。

何かをお願いしようとも思ったのですが、何も思い浮かびませんでした。

 

神社から帰ってきて、まっさらな手帳に今年の目標を書こうと思い、開いてはみたのですが・・・。何も書きようがないので『一日一日を大切に生きる』という、非常に曖昧な、具体性に欠ける目標を書きました。

 

息子(7歳)は、ベイブレードという進化したコマについて熱く語ります。

ポケットモンスターの進化、メガ進化について熱く語ります。 

ダーウィンが来た』という、生き物の新伝説の番組について熱く語ります。

 

じゃ、ワタクシは何か、熱くなれるものがあるか?

 

「ヒーロー見参、ヒーロー見参、ヒーロー見参」

 

息子がニコニコと抱きついてくる。

 

シンプルに、熱くなれるものをワタクシも持ちたいな、そんな事を思ったお正月でした。

f:id:k-furupower:20170107142615j:plain

 

 

お題「年末年始の風景」

 

ラストクリスマス

 

 

Last Christmas

Last Christmas

  • ワム!
  • ポップ
  • ¥200

 

 

ジョージ・マイケルがクリスマスの日に亡くなった。本当の「ラストクリスマス」ってわけか。

 

ラストクリスマスの『ワム!』と言うのが分かりやすいのかな?ジョージ・マイケルとアンドリュー・リッチリー(懐かしっ)の『ワム!』は、僕が洋楽を聴き始めるきっかけになったイギリスのポップ・デュオです。

初めて買った洋楽のレコードは彼らの12インチシングル「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」でした。(このダサい邦名は、今となっては、非常に的を得てるのかもしれないな)モータウン調のオルガンが印象的なノリノリのポップチューンでした。

 

 

Wake Me Up Before You Go Go

Wake Me Up Before You Go Go

  • ワム!
  • ポップ
  • ¥200

 

この後に発売される2ndアルバム「メイク・イット・ビッグ」も買いましたね。収録曲がなかなか凄い。前記の「ウェイク・ミー・アップ・ビフォー・ユー・ゴー・ゴー(ウキウキの本当の題名)」の他にmaxellカセットテープのCMで人気だった「フリーダム」、「恋の駆け引き」そして「ケアレス・ウィスパー」と名曲揃いっ!ちなみに「ケアレス・ウィスパー」は郷ひろみ西城秀樹(抱きしめてジルバ)もカバーしてたな〜。

 

 

なんか、その辺りのアイドルよりもアイドルでしたね。音楽的に何にも残らなかった80年代とかいわれるけど、何にも残らないわけないよね。ジョージ・マイケルがいたんだから。その時代に一番輝いていたキラ星が消えたんですね…

 

ラストクリスマスを聴きながら、なんて「ベニスに死す」でもあるまいし。実際はそんなセンチメントな事象なぞ、挟み込む余地も無く、苦しんで死んじゃうんだろうな、かわいそう。

 

f:id:k-furupower:20161227222754j:plain

今日は少しばかり体調もよく、近くの公園まで散歩しました。今になって、やっぱり、頭が痛いんですけどね。

 

ブログを書いていて、当時中学生だったワタクシのなけなしの金、全部レコードに注ぎ込んでいた事を思い出しました。カルチャークラブ、デュラン・デュランユーリズミックス、マドンナ、あと、あと…ってキリないわ。

ゲーマーの血?

スーパーマリオランは片手で出来るはずなのに、息子(ほぼ7歳)は両手両足を激しく動かして、さらには口をとんがらせてやっております^_^;

スマホのゲームで1,200円は高いなんていわれているけど、マリオをやっている息子を見てるだけで、笑けます。

「クールだよ」「涼しくはありません」

ベイマックスの冒頭、ヒロとタダシのグータッチでいろいろ思い出して号泣^_^;